ご挨拶

1983年に西早稲田で開業して以来”地域に根ざした家庭医”として内科疾患だけでなく、外傷や火傷の処置、皮膚疾患など幅広い診療を行って参りました。

これからも診療を通じて、患者さんに寄り添った医療をご提供出来るよう、日々精進して参ります。

当院の特徴

  1. 内科疾患だけでなく、腰や肩の痛み、皮膚の悩みなど複数の症状があり、どこの科へ行ったら良いか悩まれた際の相談窓口としてお頼りください
    .
  2. 超音波機器(エコー)を用いることで、診断ツールとしてのみならず、外科的処置を行う際にもより安全かつ正確な治療を行うことができます
    .
  3. 高血圧、糖尿病、慢性腎不全や心不全、透析患者さんなどの諸症状に関する様々なお悩みにもご対応いたします
    .
  4. 訪問看護ステーションを併設しておりますので、在宅診療も可能です

当院の理念

  1. 総合内科・腎臓内科を基盤とした丁寧な診療を実践し、信頼される診療所を目指します
  2. かかりつけ医として一人一人に合わせたきめ細かい医療をご提供いたします
  3. さまざまな患者さんの診療を通じて、地域医療に貢献して参ります

 

医師紹介

理事長 羽田野 隆

経歴

1974年
順天堂大学医学部 卒業
埼玉医大第一外科 勤務

その後、三井記念病院外科、癌研病院外科勤務を経て、

1983年 西北診療所 勤務

資格

早稲田大学指定医(早稲田大学学生健康増進互助会契約医院)
日本外科学会認定医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本医師会認定産業医

理事長よりご挨拶

1983年に西北診療所を開設し、この西早稲田の地で35年以上医療に携わらせて頂きました。

その間に街の外観や住む人々の変化だけではなく、患者さんから求められる医療の変化も感じて参りました。

良いものは継承しつつ、これからも院長と共に地域医療に貢献できればと考えております。

 

院長 羽田野 実

経歴

2001年 私立城北高校卒業
2008年 埼玉医科大学卒業
2010年 埼玉医大総合医療センター 腎・高血圧内科入局
2012年 尚篤会 赤心堂病院出向
2013年 埼玉医大総合医療センター 腎・高血圧内科 副病棟医長就任
2016年 埼玉医大総合医療センター 腎・高血圧内科 病棟医長就任
2020年4月 西北診療所 院長就任

資格

日本内科学会 総合内科専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本医師会認定産業医
内科指導医
臨床研修指導医

院長よりご挨拶

みなさま、はじめまして。
この度2020年4月より常勤として西北診療所の院長に就任いたしました、羽田野 実と申します。

私は幼い頃から父の医療に取り組む姿を間近で見て参りました。
その姿勢や考え方に憧れを抱き、同じ道に進みたいと医師を志すようになりました。

私自身、患者さんの全身管理を行うことができるGeneralistを目指していることから、専門分野として腎臓内科、内科全般を専攻して参りました。
実際に急性期疾患だけでなく、慢性期疾患の患者さんの診療も行うことができ、守備範囲がとても広い最適の学科でありました。

また、あまり知られていないかもしれませんが、内科で唯一手術を実施する科でもあります。
大学での医局員時代は腹部の手術を中心に、血管の手術や創部の処置・管理の方法などを学び、外科的処置に関しましても研鑽を積んで参りました。
ただし、それだけでは西北診療所で求められるレベルには達さないと感じたため、市中病院での一般診療や内視鏡技術の習得、プライマリーケア医に求められる皮膚疾患や整形疾患に関しての知識を学び、多くの経験を積んで参りました。

これからは父や医療スタッフと共に力を合わせ、ここ西早稲田の地域医療を支えられるよう努力する所存であります。何卒宜しくお願いいたします。

PAGE TOP